『中国製スターターリレーで費用93%カット』


中国製スターターリレーで費用93%カット



スターターボタンを押してもカチ、カチ言うだけでセルが回らなくなった。

純正の1/14の価格、500円の中国製で代替。

長く悩んだ始動不良の黒幕はスターターリレー...と思ったら違った...





※ 個人的な感想です。 参考程度にご覧ください。


- 広告 -

インデックス

1. 始動不良

2. 中国製 爆安スターターリレー
   2-1. 驚きの500円リレー動作チェック
   2-2. 中国製と純正の違い

3. 取り付け
   3-1. 中国製リレー装着




1. 始動不良

(オルタネータの線、ギボシが腐食)

 エンジンが温まると始動不良になり、ときにセルが弱々しく回る。

 キャブ、セルモーター、イグナイター、冷却関係、イグニッション関係などを点検や交換をするも分からず。 途方に暮れてやっていた配線テープ張り替えの際にオルタネータからの線が切れかけているのを発見!



 線を繋ぎ直して直るかと思いきや、セルはまたも弱々しく回る、かと思いきや力強く回り、なんか知らんけど直る、しかしまた弱々しくなって…。 ついにはスターターボタンを押してもカチ、カチ、カチ ... 以前にも同じ症状があって分解・修理しましたがここまでセルが無反応なのは初めて。

 リレーの仕組みとしては、スターターボタンを押すとジャンクションボックス内のリレーが作動、すると(BK/Y)、(Y/R)線に通電しスターターリレー内の電磁石が作動、バッテリー(+)とセルモーターが繋がる、と。

 バッテリー電圧が低くてもこの"セル回らずカチカチ状態"になりますが、今回その周辺は問題なく、セルモーターは点検済みスターターリレーを外して確認するとやっぱり接点が繋がらない。

 ってことでセルが弱々しく回る原因もきっとスターターリレーの接触不良。




2. 中国製 爆安スターターリレー


2-1. 驚きの500円リレー動作チェック


 「安いから買っとくか」とだいぶ前に購入してありました。

 中国製スターターリレー、500円。 純正はと言うと税込み7,000円オーバー。

 てっきり1,500円くらいと思っていたが価格差は14倍! 純正、高すぎだろ…、中国製が安すぎるのか??



 Amazonあたりで売ってる安いリレーもこの中国製でしょう。「付けたらセルが回りっぱなしになった」なんてレビューもありました。 付ける前にちゃんとチェック。


 Step1. 太い端子間の抵抗値が読み取り不可なのを確認。
 Step2. バッテリーを端子に繋ぎ、電磁石を作動させる。
 Step3. 太い端子間が繋がる。抵抗値が低いことを確認。


 何度か確認、とりあえずは正常なようだ。




2-2. 中国製と純正の違い




 見た目は同じだけどバリオス(ZR250)用とは書かれていませんでした。HONDAのバイク用だったかな? 取り付けてから気付いたこともあります。違いをまとめます。


 1. ヒューズアンペアが10A低い
 装着しているもの、ゴムカーバー下の予備ヒューズが共に20A。 これは純正から30Aを取って使おう。

 2. 中国製は20g軽い
 持ってすぐに分かる。軽い。 中国製は中の銅をケチってる?

 3. ポン付け不可
 取り付けてキーを回したがあらゆる場所が通電していないようで無反応。


 スターターリレーの上の部品、端子の繋がり方が純正とは逆パターンなんだな。
 (純正は右上が下の2つと繋がっている。)



 ここの形状はほとんど同じなので 純正を取り付ければOK。





3. 取り付けるも、また…


3-1. 中国製リレー装着




 取り付け方法、バリオスのスターターリレーはエアクリーナーBOX後方。 いじる前にバッテリーから(-)端子を外す。コードのゴムカバー下のナットはT型レンチ(10mm)で。

 イグニッションON、スターターボタンを押すとキュルキュルキュル、普通にエンジンが掛かるようになりました! ...と思いきやあれ?またセルが弱々しい…

 毎回弱々しく回るわけではないので再現、調査が難しい。(→ どうやらコネクタ接触不良)

 とりあえず激安の中国製スターターリレー、ちゃんと使えます。









広告

関連:
セルモーター分解・清掃
コネクター接点復活

広告


広告

-広告-

バイク用品&インプレッションウェビック

↑ PAGE TOP

フッター